HOME >  脂質について

脂質について

私達の血液の中にはコレステロール、中性脂肪(トリグリセライド:TG)、リン脂質、遊離脂肪酸など、脂質と呼ばれる物質が含まれています。これらは脂溶性で水に溶けにくくそのままでは血液に溶け込むことができないので、タンパク質などの膜に包まれてリポタンパクという粒子となって血液中で運搬されています。

リポタンパクの種類と働き

カイロミクロン:腸管で合成され、食事中の脂質を身体の隅々に運ぶ
VLDL:肝臓で合成され、中性脂肪やコレステロールを多く含む。末梢に運ばれ中性脂肪が分解されエネルギーとして使われる
LDL:VLDLが代謝されて作られるリポタンパク。コレステロールを多く含み身体の隅々にコレステロールを運ぶ。コレステロールは細胞膜の材料、ホルモン合成の材料として使われる
HDL:末梢の細胞から余分のコレステロールを肝臓に戻す働きを有する

血液の中でLDLコレステロールが増えすぎると血管の壁の中に取り込まれ酸化されて酸化LDLとなります。酸化LDLがマクロファージという細胞に取り込まれて、血管壁にこぶ(プラーク)をつくります。プラークがどんどん大きくなると血管の血液の通り道が細くなり血液が流れにくくなり動脈硬化になります。反対にHDLは組織で余ったコレステロールを肝臓に戻す働きがあります。そのためLDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールとよばれています。
中性脂肪が多すぎるとLDLコレステロールの中でも小型のものが増えてさらに動脈硬化になりやすいこともわかっています。脂質に異常があってもそれ自体は何の自覚症状もありませんが、脂質異常症を放置しておくと動脈硬化が進行し、心臓の血管がつまったら心筋梗塞・狭心症、脳の血管がつまったら脳梗塞、という重大な病気につながります。

脂質異常症

高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール≧140mg/dL(120~139mg/dLは境界型)
低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール≦40mg/dL
高トリグリセライド血症:トリグリセライド(TG)≧150mg/dL(空腹時)

脂質異常症を防ぐための生活習慣の改善

禁煙、受動喫煙も回避する
喫煙によりHDLコレステロールが低下しLDLコレステロールの酸化を促進することが分かっています

ダイエット
肥満によりLDLコレステロールの増加、HDLコレステロールの低下、中性脂肪の増加が生じる

おかずに魚を積極的に取り入れる
魚に含まれているEPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)と言われる不飽和脂肪酸には、悪玉(LDL)コレステロールやトリグリセライドを減らす働きがあります.焼き魚より刺身や煮魚の方がEPA,DHAを効率良く取ることができます。

・植物性タンパク質の摂取
大豆などの植物性タンパク質には血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります、また食物繊維にはコレステロールや中性脂肪が腸内で吸収されるのを妨げる働きがあります。とくに水溶性の食物繊維には、コレステロールを減らす作用もあります。野菜、キノコ、納豆などの大豆製品を積極的にとりましょう

高コレステロール食品 (鶏卵、ウナギ、肉の脂身、乳製品など)は食べ過ぎないように
コレステロールの7割は肝臓で合成されるもので食物から摂取されるものは3割しかないと言われていますが、コレステロールが多い食物を摂取するとすぐに血中コレステロール値が上がる人と上がらない人の個人差があるので注意が必要です

適度な運動をする
運動によりHDLコレステロールの増加がみとめられ、中性脂肪は低下することがわかっています、ウオーキングやスロージョギングなどの有酸素運動が勧められています

・ストレスをなくし規則正しい生活をする
ストレスを受けた時に出るストレスホルモンはコレステロールを増やす作用があります。ストレスを抱え込まないようにし睡眠をしっかり取ることが大切です
・アルコールを取り過ぎない
 適度のアルコールにはHDLコレステロールを上げる効果がありますが、飲み過ぎると中性脂肪を増やす原因となります。個人差がありますがビールなら大瓶1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯程度が適量です

薬物療法

生活習慣の見直しだけでは数値の改善が不十分な場合、また他にも動脈硬化のリスクがある方はお薬を併用することがあります。ライフスタイルとは無関係に遺伝的原因でコレステロールが高い家族性高コレステロール血症の方も500人の1人の割合でみられます。ご家族に脂質異常の方がいらっしゃる方でご自身も数値が高めという方は医療機関へ早めに受診しましょう。

田町駅・三田駅から歩いてすぐたまち徳栄ビルクリニック

▲ページTOPへ