HOME >  高尿酸血症について

高尿酸血症について

尿酸とは

尿酸はプリン体の代謝産物です。プリン体とは穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれる旨みの成分です。また人の体内でも作られており、体内では新陳代謝が行われていますが古い細胞が死んでいく時に核酸の遺伝子を構成していたプリン体が放出、分解され尿酸がつくられます。

高尿酸血症とは

血清尿酸値の正常範囲は男性で4.0~6.0mg/dl、女性で3.0~6.0mg/dlです。
女性ホルモンのエストロゲンが尿酸の排泄を促す作用があるため、女性の血清尿酸値の方が男性より低めですが閉経後には高くなってきます。血清尿酸値が7mg/dlを高尿酸血症と診断します。
7mg/dl以上になると尿酸の血液中への溶解度が飽和状態になり、結晶化する可能性があります。
8.5mg/dl以上になると痛風発作が非常に起こりやすくなり、尿酸値を低下させる治療が必要となります。尿酸値が高いほど心血管疾患のリスクが高まることが知られており、心血管疾患のリスク指標としても注目されています。

痛風とは

高尿酸血症が続くことにより、関節や腎臓などに尿酸が沈着し、急性関節炎、痛風結節、尿路結石、腎機能障害などが起こります。痛風発作とは、血液中の尿酸が飽和状態になって関節内で結晶が析出されると、異物である尿酸結晶を白血球が除去しようとして関節に炎症が起こるものです。
運動、寒冷、ストレス、アルコール摂取、高プリン体食物摂取をきっかけに、突然、足の親指の付け根の関節に発症することが多く、激しい疼痛、発赤、腫脹を伴います。その症状は1~2週間で自然に寛解しますが、発作を何回も繰り返すと関節周囲や耳たぶに痛風結節(尿酸結晶のこぶのようなもの)ができてきます。
また尿細管内には尿酸結晶が析出し、尿細管変性がおこり腎障害が生じます(痛風腎)。また尿路結石の合併が多いことも特徴です。

高尿酸血症の原因

高尿酸血症は以下の原因があります
1)尿酸の産生が亢進しているために起こる産生過剰型:遺伝性のもの、腫瘍や炎症によって組織が崩壊することで核たんぱくの分解が亢進しているもの、プリン体を多く含む食品を摂取した場合(プリン体は細胞核の中にある遺伝子に存在するため、内臓(レバーなど)や魚卵など細胞数が多い食材や、乾燥により細胞が凝縮されているような干物などに多く存在します)
2)尿酸の排泄能力の低下によって起こる排泄低下型:腎機能低下や薬物による尿酸排泄障害
3)両者の混合型

高尿酸血症の治療

高尿酸血症の治療は身体への尿酸沈着を予防するために、尿酸の合成を阻害する薬や尿酸の排泄を促す薬を使用します。
痛風発作が起きた場合は痛み止めを使用しますが、発作中に尿酸を低下させる薬を使うと発作が増悪することがあるため使用しません。

高尿酸血症を防ぐための生活改善

過食、肥満、飲酒、激しい運動、ストレスの持続、利尿剤の服用などで尿酸値が上昇するため、以下のような生活上の注意が必要です。

①肥満治療
②プリン体を多く含む食品の制限
尿酸の生成は食事性のプリン体からよりも、細胞内で新たに合成される方が多く、あまり厳しいプリン体制限は必要ありません。1日の摂取量が400mgを超えないように注意します。

食品のプリン体含有量(100gあたり)(痛風の治療ガイドライン第2版より)

極めて多い(300mg~):
鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝

多い(200~300mg) :
豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、サンマ干物、エビ

少ない(50~100mg):
ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛タン、マトン、ハム、ベーコン、つみれ、ほうれんそう、カリフラワー

極めて少ない(~50mg):
コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、さつま揚げ、数の子、筋子、ウインナーソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、ジャガイモ、サツマイモ、米、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、海藻類
(痛風の治療ガイドライン第2版より)
 

③アルコール摂取量の制限 アルコールを多量に摂取すると尿酸の合成が増加するので、特にプリン体を多く含むビールに注意が必要です
④尿酸は酸性で溶解度が低下するので、尿の酸性化を避けるため酸性食品を避け、野菜、果物、海藻類などアルカリ性食品を摂取する
⑤水分を多く摂取し、尿酸の排泄を促す
⑥禁煙(喫煙は動脈硬化を促進させ血管を収縮させるので、合併症の危険が高まります)

田町駅・三田駅から歩いてすぐたまち徳栄ビルクリニック

▲ページTOPへ