解決策はここに、花粉症でお悩みの方へ!

2017年5月12日

花粉症の時期はつらいことが増える

春先4月〜5月にかけて鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらなくなったり、そんなつらい花粉症の時期が今年もやってきます。春はただでさえ色々立て込むのに、鼻水に、くしゃみに、目のかゆみにと、余計に忙しくなりますね。特に女性の方は、なおさら大変ではないでしょうか。なぜなら、お化粧があるからです。「花粉症の時期はメイクがすぐ崩れてしまって、どうにもできない」、そんなお悩みを抱えている人は多くいる事でしょう。やはり、花粉症の症状として、鼻水が出たり、くしゃみが出たりしますから、当然のごとくメイクは崩れてしまいます。そこで花粉症を予防しようとマスクを着けると、そのせいで今度は口もとのメイクが崩れてしまいます。健康にとっても、また美容にとっても天敵である花粉症。そんな花粉症でお悩みの方へ、ぜひとも実践して欲しい予防法などを中心に以下で紹介していきます。

花粉症増加の理由

花粉症が実は新しい病気である事をご存知でしょうか。今や国民病と言っても過言ではありませんが、意外にも戦後に初めて報告され、1960年代から約40年の間に急増した病気なのです。その理由の一つとして挙げられるのが、スギ花粉の増加です。花粉症の主な原因となっているスギは、戦後に大量植林され、それが伐採されずに残っており、現在開花適齢期を迎えているのです。加えて、地球温暖化の影響もあってか、花粉の飛散量も増えて来ています。また、他の理由としては住宅環境の変化もその一つです。住宅やオフィスが近代化していくにつれ、通気性が少なくなきており、その結果ダニやカビの温床をつくってしまっています。それによって、アレルギーが起こりやすくなっています。

花粉症でお悩みの方へ、ぜひとも予防を

毎年やってくる憂鬱な季節を回避するために、ぜひとも実践して欲しい予防法がいくつかあります。まず花粉を遮断するアイテムとして有名なのは、マスクやメガネではないでしょうか。マスクは通常のモノでも、体内に入ってくる花粉の量を3分の1以下に減少させることが可能です。メガネも、花粉症の大きな悩みの一つである目のかゆみを予防するためには効果的です。また、花粉防止クリームもオススメです。鼻に塗る事で、花粉が粘膜に着くのを防ぐ効果があります。マスクを通り抜けて入ってくる、3分の1の花粉をブロックする最後のとりでのような役割を担ってくれるはずです。他にも、症状を和らげてくれる食品、というのがいくつかあります。ショウガはその代表例でしょう。アレルギーのもとになる抗体が生まれてくるのを抑えてくれる働きがあるそうです。

まとめ

花粉症に関して予防法をいくつか紹介してきましたが、基本的には外出しないのが一番です。しかし、そうもいかない事情がありますから、その際には今回紹介した方法を実践してみはいかがでしょうか。


Posted by 港区 田町の内科・泌尿器科|内科ならたまち徳栄ビルクリニック(東京都港区) at 09:32 / スタッフブログ

田町駅・三田駅から歩いてすぐたまち徳栄ビルクリニック

▲ページTOPへ